メダカと自転車とetc.

元経理屋がメダカを分析したり、自転車で出かけたりするブログです

MENU

メダカ1ペアから【殖え方シミュレーション(実際に近い数字③)】

f:id:historynt-02bs:20211110164848j:plain


毎日お疲れさまです

管理人のホビーライフです

 

今回は

メダカ1ペアから【殖え方シミュレーション(実際に近い数字②)】

です

最後までよろしくお願いします

 

 

 

メダカ1ペアから【殖え方シミュレーション(実際に近い数字③)】

まずは種親を1ペア

殖やしたい品種の種親1ペアをセッティングします

今回も「楊貴妃」を例にします

殖え方シミュレーション(詳細概算)

前回までのまとめ

  • 1シーズンで種親メダカ1ペアの産卵数は1,200個
  • 卵から若魚まで成長できるのは30%ほどの360匹
  • 楊貴妃の場合、次世代のペアは113組可能
  • 固定率を考えたペア組の割合も意外と重要

  • 採卵容器にオススメは2種類
  • ①セリアのフタ付プラボックスL型と②NV13
  • 1シーズンに必要な数量は①4つ、②2つ

  • 針子から稚魚の飼育容器にオススメは2種類
  • ①NVボックス13と②NVボックス22
  • 1シーズンに必要な数量は①4箱②3箱

 

幼魚にオススメな容器

稚魚から成長した幼魚の水槽は下記の3種類で考えます

  • 角型たらい36
  • ジャンボたらい60
  • トロ舟60
角型たらい36

サンコープラスチック キングタブ 角型36L ブルー 505551

60Lは大きすぎるがNVでは小さいと感じる方、

ベランダ飼育をしている方にオススメ!

サイズはL50.0cm×D37.5cm×H29.0cm

水量は33Lほど可能です

 

ジャンボたらい60

 

トンボ タライ 62L 日本製 本体 水抜き栓付き ブルー 新輝合成 60型トンボ タライ 60L 日本製 本体 水抜き栓付き モスグリーン ジャンボ 特大 新輝合成

 

 

おなじみのジャンボたらい60です

プロ御用達といっても過言ではない屋外室内どこでもおける丈夫な容器です

サイズはL66.0cm×D47.0cm×H33.0cm

水量は50Lほど可能です

(※2022年現在ブルーは生産中止となり、モスグリーンが流通し始めています)

 

トロ舟60

赤長 DIYトロ舟 ブラック 60L 約410×715×207mm

こちらもご存じ

プロ御用達といっても過言ではない屋外室内どこでもおける丈夫な容器です

サイズはL71.5cm×D41.0cm×H20.7cm

水量は40Lほど可能です

(※2022年現在グリーンやホワイト、グレーなどが流通し始めています)

 

実際に何個必要?

(ここでは1品種あたりと考えています)

メダカ1匹当たりに必要な表面積は約50cm2*1

今回の場合、深さを10cmとすると100cm2必要となります

幼魚の場合2倍でも大丈夫そうです

 

つまり

  • 角型たらい36の場合

{(37.5cm×50cm)÷100cm2}×2倍=約37匹

 

表面積で考えると37匹飼育可能になります

 

1週間ごとに大きさで選別すると仮定すれば

シーズン中だと2箱必要になります

 

  • ジャンボたらい60の場合

{(47.0cm×66.0cm)÷100cm2}×2倍=約62匹

 

表面積で考えると62匹飼育可能になります

 

1週間ごとに大きさで選別すると仮定すれば

シーズン中だと2箱必要になります

 

  • トロ舟60の場合

{(41.0cm×71.5cm)÷100cm2}×2倍=約58匹

 

表面積で考えると58匹飼育可能になります

 

1週間ごとに大きさで選別すると仮定すれば

シーズン中だと2箱必要になります

 

3.まとめ・補足

次回予定

「メダカ1ペアから【殖え方シミュレーション(実際に近い数字④)】

最後まで読んでいただきありがとうございます

インスタグラムはこちら

f:id:historynt-02bs:20210804010034p:plain

 

*1:成魚の場合