メダカと自転車とetc.

元経理屋がメダカを分析したり、自転車で出かけたりするブログです

メダカ飼育数拡大プロジェクト②

f:id:historynt-02bs:20210814151514j:plain

毎日お疲れさまです

管理人のホビーライフです

 

今回はシリーズです

メダカ飼育数拡大プロジェクト②

最後までよろしくお願いします

 メダカ飼育数拡大プロジェクト①はこちら

 

飼育容器の選定

メダカ飼育に向く容器はたくさんあります

その中でも価格と機能、大きさを考えプランターを採用することにしました

サイズは

20L程度のものと10L程度のものを使います

 

飼育可能数の見直し

20L程度のプランターは各社微妙に違いはありますが

概ね同じくらいのサイズです

 

リンクのプランターを例に計算します

サイズは外寸48×32×26

つまり

幅48cm・奥行32cm・高さ26cmということです

 

内寸の記載がなかったので仮に算出します

幅42cm・奥行26cm・高さ20cmと仮定します

容量を計算すると21.84Lとなります

 製品表示に22Lと記載がありますので大体合っていると考えます

 

幅、奥行はそのまま使用するとして

水が溢れないよう高さは5cm低くして計算します

 

上記より飼育可能な数を算出すると 16匹(最大で23匹)となります 

同じようにリンクの10L程度のプランター

飼育可能な数を算出すると 7匹(最大で11匹)となります

 

配置を整理

次に配置を考えます

 

単純計算では

20L程度のプランターならば117個

10L程度のプランターならば119個置けますが

実際にはそんなに置くことができません

 

使用している棚は20L程度のプランターを5個並べられるように

作成しており、上下で10個並べられます

その棚を5個作成しており、合計で50個並べられます

 

 

他には単管で2段の棚を作成しており

10L程度のプランターを1段に8個並べられます

 

つまり

20L程度のプランターでは

少なくても800匹、最大で1,150匹飼育可能

10L程度のプランターでは

少なくても112匹、最大で157匹飼育可能となります

 

次回は

種類の選定を考えていきます

 

まとめ・補足

  • 飼育容器はメインとサブの2種類が基本
  • 飼育可能数は900匹~1,300匹程度
  • 実現可能な飼育数に近づいてきた

 

 

インスタグラムはこちら

f:id:historynt-02bs:20210804010034p:plain