メダカと自転車とetc.

元経理屋がメダカを分析したり、自転車で出かけたりするブログです

メダカ飼育数拡大プロジェクト①

f:id:historynt-02bs:20210814151440j:image

毎日お疲さまです

管理人のホビーライフです

 

今回はシリーズです

メダカ飼育数拡大プロジェクト①

最後までよろしくお願いします

 

 

飼育場の概算

目標とするメダカを生産するためには

とにかく数多く採卵し育てることが必要となります

このために飼育数拡大プロジェクトを立ち上げました

 

まずは表面積を概算します

現在飼育している面積概算 12m2

1/4は通路(動線)と考えて、平置き可能な面積 9.0m2

棚を作り2段にしているので、飼育可能な概算面積は18.0m2と考えます

 

飼育数の概算

算出にはこちらを参考にしました

”水槽に対するメダカの飼育数について | FUJIYAMAめだかのブログ”

1匹当たりに必要な表面積を50cm2にすると概算飼育数が算出されます

概算で3,600匹の飼育が可能と算出されました

 

飼育数を見直す

飼育に必要なものは

表面積のほかには深さ

表面積を50cm2とすると必要な深さは20cm

つまり

「牛乳パック1本分」=「1匹あたり必要な表面積と水量」と考えられそうです

f:id:historynt-02bs:20210813000405j:image

 

疑問

「そんなに広さや水量が必要か?」ということです

実際、同じ水量でももっと飼育できていると思います

 

考えるうちに、ひとつの仮説ができました

「飼育水と表面積はシェアできると考えていいのではないか」

大事なのはどの程度シェアできるのかということです

 

分析を進めていくと

表面積1/2を最大にシェアできそうな印象です

これにより

飼育数はMAX1.4倍となり、概算で5,040匹の飼育が可能と算出されました

 

深さ

前述した「牛乳パック」をイメージして考えていきます

1匹あたりの表面積が50cm2と考えているので

深さのMAXは20cmと考えてよいでしょう

要は

この飼育法に於いて、20cm以上の深さは不要ということです

 

浅くなる場合

1Lを保つように計算します

深さ20cmの時、50cm2(およそ7cm×7cm)

深さ15cmの時、67cm2(およそ8cm×8cm)

深さ10cmの時、100cm2(およそ10cm×10cm)

 

ここでは浅めに10cmで考えていきます

表面積が当初より倍になりましたので再度計算していきます

 

表面積100cm2とした場合、18.0m2では1,800匹飼育可能

MAXで2,520匹と算出されます

 

と、ここまでは概算の話

次回はもっと具体的に進めていきます

 

まとめ・補足

  • 飼育場の面積から大体の飼育可能数がわかる
  • 「牛乳パック1本分」=「1匹あたり必要な表面積と水量」
  • この飼育法で必要な深さは20cmまで

 

インスタグラムはこちら

f:id:historynt-02bs:20210804010034p:plain