メダカと自転車とetc.

元経理屋がメダカを分析したり、自転車で出かけたりするブログです

MENU

メチレンブルー水溶液にオススメな容器

 

毎日お疲れさまです

管理人のホビーライフです

 

今回は

メチレンブルー水溶液にオススメな容器

です

最後までよろしくお願いします

 

 

 

メチレンブルー水溶液にオススメな容器

メダカの病気ならまずメチレンブルー

f:id:historynt-02bs:20220122063107j:plain

  • 水カビ病
  • 綿かむり病
  • 白点病

などの治療に用いられるメチレンブルー

実体験からのオススメ容器をご紹介します

保存時は良いが使用時には使いにくさがある

なんとなく

病気の治療には効果があることはわかっていました

しかし、

使用後の液だれや分量など使いにくさを感じていました

分量
新パッケージのメチレンブルーの場合

リケンベッツファーマ メチレンブルー液 250ml 魚病薬 動物用医薬品 メチレンブルー水溶液

【用法及び用量】通常、本剤10mLを水約40~80Lの割合に溶解させ薬浴する。尚、短時間反復薬浴には、本剤10mLを水3~4Lの割合で使用する。

1Lあたりの量を算出します

1. 通常薬浴

10ml ÷ 40L = 0.25ml

10ml ÷ 80L = 0.125ml

通常薬浴の適正容量は

1Lあたり0.125~0.25ml

となります

 

2. 短時間反復薬浴

10ml ÷ 3L = 3.33ml

10ml ÷ 4L = 2.5ml

短時間反復薬浴の適正容量は

1Lあたり2.5~3.3ml

となります

 【水槽における使用量の目安】 水槽サイズ水量目安 30×18×24cm 10L 2mL 45×24×30cm 30L 5mL 60×30×36cm 60L 10mL 90×45×45cm 160L 30mL ※本品の計量カップは1目盛り1mLです。※上記は目安であり、水槽の水量を十分ご確認の上、  薬浴を実施してください。

旧パッケージのメチレンブルーの場合

日本動物薬品 メチレンブルー水溶液 200mL(1.5トン用) 1本 (動物用医薬品)

【用法および容量】
本剤10mL(1目盛)を水約40L〜80Lの割合で溶解させ薬浴させる。

1Lあたりの量を算出します

1. 通常薬浴

10ml ÷ 40L = 0.25ml

10ml ÷ 80L = 0.125ml

 

通常薬浴の適正容量は

1Lあたり0.125~0.25ml

となります

【水槽における本剤の使用例】
幅×奥行×高さ    水量    投薬量
60×30×36cm    60L    1目盛(10mL)
90×45×45cm    160L    2・1/2目盛(25mL)

 

2. 短時間反復薬浴

記載がありませんでしたので割愛します

 

使用後液だれ対策
  1. 都度、拭くのはめんどくさい
  2. 汚れにくい容器が良い

以上のことをずぼらでもクリアできる容器を見つけました!!

 

保存もできて使いやすい

私が選んだのはこの商品です

Teenitor 遮光スプレー30MLキャップ付10本セット

おしゃれで人気な茶色スプレーボトル。

指で上からシュッと押す、フィンガースプレータイプ。

遮光性が有るので、UV光による劣化を防ぎ、光に弱く、直射日光や蛍光灯の光が当たると劣化しやすい精油や香水などを安全に保ちます。

材質がPET製はガラス製と比較して、より扱いやすく、乱暴に扱わなければ問題無い。

ガラスと比べて軽量で、割れることもないため、携帯性に優れています。ミストが細かいのも、蓋付きなので、液漏れもしづらいですよ。

スプレー部分(ホース含め)は30mlと50mlと80ml同じものを使っていますので、チューブが長いと思ったら、先端をカットしてください。

30mlで外出時に持ち運びに非常に便利!

【仕様】

容量:30mL  満量:34ml

サイズ:全長:115mm 直径:27mm

ボトル直線部:約70mm

材質:ボトル:PET スプレー:PP.PE

キャップ付

旅行に持っていくときなど軽くて割れにくいものが欲しい場合には、プラスチック製が良いでしょう。

パッケージ内容

スプレーボトル茶色×10

3mlスポイト×2

ミニ漏斗×2

3mlスポイトやミニ漏斗付きなのでわざわざ道具を揃える必要もなく移し替えも楽々。

一度に出る量が多くはございませんこと、ご注意ください。

水分が残っていると、キャップが緩んでしまう場合がございます。

スプレーキャップを閉める際、ビンの天口・横面の水分をしっかりとお拭き下さい。

 
選んだポイント
  • 遮光できること

商品説明にもありますがUVを防ぐことができます

使用後は光が届かない場所に保管すれば良さそうです

  • ガラスでないこと

割れた場合、破片でケガをする危険を減らしたいことから選んだ理由です

他の理由は捨てやすいことです

  • 噴射量が少ないこと

はっきりとした記載がなかったので実験してみました

『容器の肩部分まで水を入れ何回噴射できるか」です

予想では150回プッシュでした

 

結果は194回プッシュできました

しかし、

途中から噴射量が変わったようでした

 

100回噴射時の量が3/2ほどだったので

100回までは0.2mlと仮定し、都度補充することとして使用します

 

つまり、

新旧どちらのメチレンブルー 水溶液でも

1Lあたり1プッシュで良さそうです

3.まとめ・補足

  • 通常薬浴は1Lに対して0.2ml
  • 遮光スプレーボトルPET容器が一番よかった
  • 噴射量もちょうど良い

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

インスタグラムはこちら

f:id:historynt-02bs:20210804010034p:plain